野草酵素に副作用ってあるの?

野草酵素に興味があっても、副作用があると安心して取り入れることはできませんよね。野草酵素には多くの成分や栄養素が含まれていることもあり、何か体に悪い成分も含まれているのでは…と不安に感じている方もいるでしょう。

果たして野草酵素に副作用と呼ばれるものはあるのでしょうか。詳しくみていきます。

野草酵素に副作用と思われる好転反応

結論から言ってしまうと、野草酵素に副作用はありません。というのも、野草酵素とはその名の通り、体に良い野草を酵素の力によって発酵させたものだからです。普段、体調不良を感じた際に飲むような西洋薬のように強い成分は含まれていないため、副作用を心配する必要はないといえるでしょう。

その代わりに、副作用と思われやすい好転反応が起きる可能性はあります。代表的なのは眠気やだるさ、頭痛、吐き気など。

これが副作用を勘違いされて、服用を止める人も多いそうです。

野草酵素の副作用と
思われやすい好転反応とは?

ただしアレルギーのある人は注意

製品によって含まれている原料は大きく変わってきます。例えば、有限会社野草酵素から発売されている「野草酵素」の場合はカブやキャベツ、きゅうり、いちご、スイカ、りんご、しいたけ、松茸、その他様々な成分が含まれています。

このように、たくさんの原料が含まれているのが野草酵素の魅力ではあるのですが、人によってはその中にアレルギーを持っているものも含まれているかもしれません。アレルギーを持っている方は、自分が取り入れられない食材が成分に含まれていないかチェックしてみましょう。

原材料はどの野草酵素でも詳しく紹介されているはずです。もし、原材料が不明な酵素だった場合は、購入しない方が良いでしょう。

アレルギーのある成分が含まれていてそれを取り入れてしまった場合に起きるアレルギー反応は食物アレルギーと同じです。人によっては様々な種類のアレルギーを持っている方もいるので、注意して確認してみてくださいね。

酵素関係の製品に含まれていることがあってアレルギーの可能性が高いものといえば、小麦系が挙げられるでしょう。他にも、ナッツ類やゴマ、キウイ、リンゴ、メロン、桃、ブドウ、バナナなどでアレルギーが起きる方もいます。こういったものにアレルギーを持っている方は十分に注意しておいてくださいね。

参考: 認定NPO法人(特定非営利活動法人)アレルギー支援ネットワーク:食品別にみた食物アレルギーのマメ知識

野草酵素で注意したい
アレルギーについて詳しく

野草酵素を飲み過ぎた場合は?

どんなに体に良いものでも、飲み過ぎてしまっては体に悪影響をもたらすことがあります。例えば、ただの水でも飲み過ぎると水中毒と呼ばれるものに繋がってしまうので、野草酵素の場合も健康に良いからといって必要以上に飲まないように注意しておきましょう。

各製品によって推奨量は違いますが、製品ごとに1日に大体どれくらいの量を飲めば良いのか目安があるのでそちらを参考にしてみてくださいね。飲み過ぎてしまった場合には体内に蓄積するタイプの脂溶性のビタミン類が過剰摂取に繋がってしまう恐れもありますし、その他にも適量なら体に良いものの、大量摂取した場合には健康には良くない成分もあります。

一度に大量に飲むことよりも続けることを検討してみましょう。

野草酵素の飲みすぎが
体に及ぼす影響とは?

まとめ

今回は野草酵素を飲んだ場合に考えられる副作用の問題についてご紹介しました。記事内で解説してきたように、アレルギーのない方なら基本的に副作用を心配する必要はありません。

ただ、どんなものでも合う・合わないものはあるはずなので、初めて取り入れようと思った際には少量から試してみましょう。野草酵素で体の変化が実感できるようになるまでには、しばらく時間がかかるので、飲み始めてすぐに全く変化がないからといって、勝手に量を増やそうとは考えないようにしてくださいね。