よもぎ

このページでは、よもぎの効能について調べています。

よもぎ画像

よもぎの特徴や効能を調査!

よもぎは日本全国に分布している野草です。天ぷらや餅、そしてケーキなど食材に混ぜ込まれることが多いほか、石鹸の加工などに用いられることもあり、用途は非常に多彩。そのため雑草という扱いではなく、ハーブのような位置づけで、日本人から重宝されています。

食用の場合、その旬は春先の35月ごろ。キク科の植物らしいギザギザの葉を持つ特徴があります。

野草名 よもぎ
学術名 Artemisia princeps
生育地 北半球に広く分布
形態 多年草
その他の特徴 ひとつの茎にたくさんの蕾をつけるのが、よもぎの花。ただし下向きに咲く非常に地味な姿で、色は赤みを帯びた褐色となっている。

その効能・効果

よもぎには数多くの効果効能があると言われます。

まず日本人の死因の筆頭に挙がる、がん予防に効果を発揮する成分が、多く含まれることで知られています。

また止血効果が高いと言われており、民間療法では傷口によもぎの葉を充てることで応急処置をしました。貧血予防にも役立つと言われているので、女性は要注目。

さらに独特の香りには、ストレスを緩和する成分が含まれているそうです。

出典元:良好倶楽部 https://ryoko-club.com/food/mugwort-nutrition.html

よもぎに含まれる主な成分

よもぎには、以下のような成分が含まれています。その働きについて紹介していきましょう。

ベータカロテン

体内でビタミンAに変換される成分。免疫力のアップに役立つほか、皮膚や粘膜、そして視力の健康維持をサポートしてくれます。

クロロフィル

細胞の再生促進作用が期待できる成分。また造血作用も高いため、貧血の予防改善に役立つほか、血中コレステロールの濃度を下げるためにも活躍してくれます。

ビタミン

よもぎには多くのビタミンが含まれていますが、特に抗酸化作用の高いビタミンCや、血液をサラサラにするビタミンEの含有量が豊富です。また血液凝固に役立つ、ビタミンKも同時に含有。よもぎの止血効果は、ビタミンKのパワーによるものです。

食物繊維

よもぎには、豊富な食物繊維が含まれています。便秘解消に役立つなど、高いデトックス効果が期待できるでしょう。またよもぎは、むくみ防止に役立つミネラル・カリウムも豊富に含みます。

管理人とよもぎ

よもぎは切り傷ややけどにも効果のある野草として、小さい頃からお世話になっています。薬草としてはもちろん、食用として、よもぎ餅や天ぷらなんかでも食べたことがあるくらい、野草の中でも一番ポピュラーなのではないでしょうか。

写真は、家の近くの川沿いの茂みで撮影。