スギナ

このページでは、スギナの効能について調べています。

スギナ

スギナの特徴や効能を調査!

「スギナという野草名はあまりピンと来ない」という人でも、春先に顔を出す「つくし」の存在は知っていることと思います。そのつくしがどんな植物なのかを知っている人は、これまた数は多くないことと思われますが、実はつくしはスギナの「胞子茎」なのです。

スギナは春につくしを伸ばし、胞子を放出させた後で、全く様相の異なる茎と葉を伸ばします。その繁殖力は非常に強く、地域によっては「雑草」と認識されており「抜いても抜いても生えてくる」、と嫌がられることもあるほどです。

野草名 スギナ
学術名 Equisetum arvense
生育地 北半球の寒帯~暖帯
形態 多年草
その他の特徴 スギナの根は土中の深くまで広がるため「地獄草」という異名を持っています。このため、一度繁殖してしまうと、完全に駆除するのは難しいとされています。それだけ、生命力の強い植物であると言えそう。

その効能・効果

スギナには数多くの効果効能があると言われます。

まず、数多くの疾病を予防する効果が注目に値します。生活習慣病である高血圧や糖尿病、日本人の死因のトップであるがんの予防、さらに肝臓病や骨粗しょう症の予防にも役立つとされています。

また関節炎や通風、便秘、そしてアトピー性皮膚炎の改善にも効果効能を発揮すると考えられています。

出典元:強健ラボ http://maron49.com/679

スギナに含まれる主な成分

スギナには、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

サポニン

田七人参などにも含まれる成分として、知名度は高め。血液の中に含まれる悪玉コレステロールの値を低下させる働きがあります。ダイエットや生活習慣病の予防に役立ってくれるでしょう。

クロロフィル

植物の葉に含まれている葉緑素ですが、スギナは特にその含有量が高いことで知られます。血液をサラサラに浄化する働きがあるため、万病の予防に役立ってくれます。

カリウム

ミネラルの一種で、デトックス効果が高くなっています。むくみの防止や高血圧の予防策として有用です。またスギナには、カルシウムやケイ素などのミネラルも多く含まれています。

ビタミン

スギナには多くのビタミンが含まれていますが、特にビタミンCやビタミンB群の含有量は高め。ビタミンCの高い抗酸化作用は身体の老化防止をサポートし、ビタミンB群は美容に役立ちます。

管理人とスギナ

スギナはよく祖母が料理に彩りを加える目的で使っていた記憶があります。当時の私は、海苔かなにかだと勘違いしていたのですが、気づかないくらい馴染み良い味です。スギナを撮影するのは、朝露のあるような早朝をおすすめします。湿度の高いところに自生するため、朝は枝先についた露がキラキラとして、大変美しいのです。