オオバコ

このページでは、オオバコの効能について調べています。

オオバコ

オオバコの特徴や効能を調査!

オオバコは北海道や沖縄を含む、日本の全土に広く分布している植物です。茎が地中に埋まっているため、上へ高く伸びていくことはありませんが、その代わり楕円形の大きな葉を持つことで知られています。

漢方の世界では「車前(しゃぜん)」という名前で、生薬として取り扱われてきた長い歴史があります。葉だけでなく種子や茎など、全草を茶葉として飲用するのが一般的です。

野草名 オオバコ
学術名 Plantago asiatica
生育地 アジア、ヨーロッパ
形態 多年草
その他の特徴 オオバコの種には、雨に濡れると粘着性が高まるという特徴あり。動物の身体に粘りつくなどして、他の場所へと広がっていく。

その効能・効果

オオバコには、多くの効果効能があると言われています。まず利尿作用や尿酸の排出促進効果など。尿路の急性感染症の際に適応されるなど、排尿にまつわる効果は高い様子です。痛風などが気になる人も、積極的に摂取すると良いでしょう。

また抗炎症効果も高いとされており、咳を鎮めたい、痰を抑えたいなどの場合に摂取を推奨されます。さらに便秘解消や食欲亢進に役立つとも言われていますよ。

出典元:健成園公式サイト https://www.kenseien.co.jp/
kenkou/1262.html

オオバコに含まれる主な成分

オオバコには、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

タンニン

整腸作用が高く、特に下痢の症状改善に役立つ成分。また抗酸化や収れん作用が高いことでも知られており、「美肌に役立つ」と美容業界からも人気を集めています。

イリドイド

植物由来の栄養素として知られており、解毒作用や抗酸化作用が高い成分です。

プランタジン

消炎作用や保湿作用に優れる成分。喉の調子が悪く、咳や痰などに悩まされている場合に摂取すると、効果を発揮すると言われます。

ビタミンA

利尿作用が高く、尿酸などの排出に貢献してくれます。身体のむくみを取るためにも役立ってくれるでしょう。

管理人とオオバコ

オオバコはオオバコ相撲という草遊びが有名ですが、茎を手折ると3本の太い筋が出てきます。それを何本も結んで三つ編みにして紐を作ったり、新芽はアクが少ないので、そのまま揉んで塩水にさらして、サラダにして食べたりできます。本当にどこにでも咲く野草なので、馴染み深いのですが、薬草としての効能は他の野草に比べても多く、水溶性食物繊維を利用したオオバコ茶なるものも、一時期はやりました。