松の葉

このページでは、松の葉の効能について調べています。

松の葉の特徴や効能を調査!

マツ科の植物は数多くなっていますが、日本国内で販売されている野草酵素商品に含まれている「松の葉」のほとんどは、「アカマツ」の葉であることが多くなっています。

アカマツは名称通り樹皮が赤みを帯びていることで知られており、国内では北海道と沖縄を除く全国、そして朝鮮や中国にも分布しています。

アカマツは庭木として人気があるほか、建築材として用いられることも多いのですが、その葉に薬効があることも、古くから知られています。

野草名 松の葉
学術名 Pinus densiflora
生育地 東アジア
形態 多年草
その他の特徴 松の葉は先が尖っており触れると痛みを感じますが、アカマツの葉は類似種のクロマツよりも柔らかいとされています。

その効能・効果

松の葉には、数多くの効能があることがわかっています。

まず高血圧の改善や動脈硬化の予防、そして脳卒中の予防など、血管や血流の場外が悪くなることで引き起こされる、生活習慣病の予防に役立つといわれます。

また抜け毛や認知症などの、老化現象を抑止する働きがあることもわかっています。

さらに美肌などの美容効果も期待できるようですよ。

出典元 健康茶の教科書 http://tea-healthy.com/variety/pine-needle-tea/#two

松の葉に含まれる主な成分

松の葉には、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

クロロフィル

植物の葉に含まれている葉緑素ですが、松の葉はその含有量が高いことで知られます。血液をサラサラに浄化する働きがあるため、一回の発作で生命を脅かす、脳卒中や心筋梗塞などの生活習慣病予防に役立ちます。

ケルセチン

ポリフェノール/フラボノイドの一種で、高い抗酸化作用が期待できます。老化の防止に役立つのはもちろん、クロロフィル同様の血液サラサラ効果も高め。

テルペン精油

こちらも血液サラサラ効果がある成分で、さらに鎮痛/鎮静作用も高め。不眠症改善にも役立つといわれます。

ビタミン

松の葉には多くのビタミンが含まれていますが、特に抗酸化作用の高いビタミンCや、粘膜を正常に保つビタミンAが豊富です。