なた豆

このページでは、なた豆の効能について調べています。

なた豆の特徴や効能を調査!

なた豆は日本に自生している植物ではなく、原産はアジアかアフリカと言われています。江戸時代に中国から伝えられたという記録が残っており、九州地方で栽培もされていますが、国内に流通するものの多くは輸入品です。

マメ科の植物に特徴的な、鞘付きの実ができますが、その大きさは3050㎝!さやえんどうなどに比べ、倍以上の大きさとなります。食用する際は下茹での後に調理を行うのが、一般的です。

近年はその健康効果が話題となっていますが、なた豆を取り扱うスーパーや生鮮食品店の数は、あまり多くない様子。国内では「なた豆茶」などの加工品から摂取するのが、最も容易です。

野草名 なた豆
学術名 Canavalia gladiate
生育地 アジア、アフリカ
形態 一年草
その他の特徴 生命力が強いため、蔓の伸びるスピードが早く、開花する花も多くなっています。このため、九州地方では商売繁盛や子孫繁栄の縁起物として扱われることも。

その効能・効果

なた豆には、非常に高いデトックス効果があると考えられています。このため、便秘やむくみの解消に役立てようと考える人は、多い様子。

また変わったところでは蓄膿症、歯周病、痔、そして花粉症やアレルギーの予防改善にも役立つと考えられています。

尿や便だけでなく、膿などの老廃物排出にも役立ってくれるのですから、なた豆のパワーはすごいですね。

さらになた豆には、ガン予防に役立つ成分が含まれていることもわかっています。

出典元 刀豆ナタマメ協会 http://www.natamame.org/

なた豆に含まれる主な成分

なた豆には、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

ウレアーゼ

尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きがあり、利尿を促進させます。デトックスに役立つのはもちろん、腎機能の向上にも貢献する成分です。

カナバニン

アミノ酸の一種で、なた豆から発見された成分。排膿と抗炎症作用があるほか、血行を促進させる働きがあることもわかっています。

コンカナバリンA

私たちの体内で、毎日発生しているガン細胞の増殖を抑制してくれる「抗腫瘍作用」をもつ成分。ガンは日本人の死因のトップですから、コンカナバリンAのパワーで予防に努めたいものです。