熊笹

このページでは、熊笹の効能について調べています。

熊笹

熊笹の特徴や効能を調査!

熊笹は日本国内で良く見受けられる植物で、特に北海道や本州の高原地帯に自生しています。

名称の由来となっているのは葉の模様で、緑色の葉の周りに、白い縁取りがあります。このため本来は「隈笹」が正しいのですが、いつの間にか「熊笹」という表記が、広く浸透してしまったようです。

他の一般的な笹同様、高さは1.5メートル近くにまで成長し、多くの葉を茂らせます。

野草名 熊笹
学術名 Sasa veitchii
生育地 東アジア
形態 多年草
その他の特徴 人体への効能を得るためには、乾燥させた葉を利用するが、生葉は防音/防湿効果のほか、殺菌作用も高いため、寿司を包むのに活用されている。これらの効果は、生葉だけのもの。

その効能・効果

熊笹には、多くの効果効能があると言われています。

まず細胞を活性化させ、免疫力をアップさせる効果が期待できます。またデトックス効果も高いと言われており、利尿や解毒、血液の浄化、そして意外なところでは身体の脱臭などにも役立つのだとか。

さらに傷や炎症などからの回復を助け、止血や造血に役立つという「治癒促進作用」もあると言われています。

出典元:蓼科笹類植物園公式サイト https://tateshina-sasa.com/about/

熊笹に含まれる主な成分

熊笹には、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

クロロフィル

植物の葉に含まれている葉緑素ですが、熊笹は特にその含有量が高いことで知られます。人間の血液に含まれるヘモグロビンと化学構造がほぼ同じなので、摂取することで造血作用や血液サラサラ効果が期待できるのです。また身体の脱臭にも役立ちます。

クマササ多糖体

免疫力を高める効果がある多糖体。病気に負けない身体づくりに役立つほか、日々体内で発生しているガン細胞の増殖を、抑制する作用があると考えられています。

リグニン

不溶性の食物繊維。こちらも抗菌作用が高く、腸内で発がん物質や胆汁酸を吸着して、体外に排出してくれます。

ビタミン

熊笹には多くのビタミンが含まれていますが、特にビタミンCやビタミンB群の含有量は高め。ビタミンCの高い抗酸化作用は身体の老化防止に役立ち、ビタミンB群は美肌づくりに貢献してくれるでしょう。

管理人と熊笹

熊笹は我が家の周辺にいくつも自生しています。川辺で熊笹を見つけると、笹船を作って遊んだり、葉をクルクルとまるめて笛を作って吹いたり、身近な遊びに使われていました。キャンプなどで、炒ってお茶にすると甘味が広がって、これもまた一興。