甘草

このページでは、甘草の効能について調べています。

甘草

甘草の特徴や効能を調査!

甘草とはカンゾウ属に属するマメ科の植物の総称です。薬用植物であることは世界的に認知されており、漢方の世界はもちろん、基礎化粧品などにも積極的に配合されています。

カンゾウの背丈は4050センチほどですが、根茎の大きさは12メートルにも及びます。有効成分が含まれているのはこの根で、地中から掘り上げたものからエキスを抽出します。

中国からの原料輸入に頼っているのが現状のため、国内で自生する姿を見かけることはあまりありませんが、近年は「日本の製薬会社が国内での栽培研究に取り組み、成果を上げている」というニュースも報じられています。

野草名 甘草
学術名 Glycyrrhiza
生育地 中国、ロシア、イラン、パキスタンなど
形態 多年草
その他の特徴 甘草の名前通り、根茎には砂糖の50倍にも及ぶ甘味があり、なおかつ低カロリーなことから、お菓子やリキュールの原料として使用されることもあります。

その効能・効果

甘草の効果は、諸々の急迫症状を緩和する、ことに集約されます。例えば喉の痛みや胃痛、そして全身の疼痛など、筋肉の急激な収縮に伴う痛みを和らげるのに役立ってくれるのです。

この働きは美容の世界でも役立てられており、ニキビや肌荒れなどの症状緩和、そしてシワやたるみなどのエイジング現象を改善する効能が期待されています。

出典元:タケダ健康サイト http://takeda-kenko.jp/kenkolife/
encyclopedia/illustrated/kanzou.html
フェイスマスク研究所 http://lululun.com/labo/

甘草に含まれる主な成分

甘草には、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

グリチルリチン

トリテルペノイド系のサポニンで、美容業界では「グリチルリチン酸2k」の表示名で有名。強い抗炎症/抗アレルギー作用を持ち、身体の痛みや肌荒れの緩和に役立ってくれます。

また線維芽細胞を増殖させる作用もあるため、肌へ弾力をもたらすコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進します。

フラボノイド

ポリフェノールの一種で、植物色素の総称。甘草にはソフラボン、リキルチン、イソリキルチン、そしてフォルモネチンなどが含まれています。抗酸化作用に優れるほか、ストレスの緩和や免疫力アップに貢献してくれるでしょう。

管理人と甘草

実は私も勘違いしていたのですが、カンゾウという字を見て、野萱草を撮影していまいました。マメ科とユリ科でまったく関係のない野草です。生薬として用いられるのは、マメ科のウラルカンゾウ。野萱草は酢味噌で食べると美味しいユリ科。食い意地が勝って、ユリ科のカンゾウを採取するとは恥ずかしい話です。ウラルカンゾウは日本には自生しておりませんので、薬用植物園などで観察しましょう。