ハトムギ

このページでは、ハトムギの効能について調べています。

ハトムギの特徴や効能を調査!

ハトムギはイネ科の植物です。作物として栽培されているため、あまり自生する姿を見かけることはありません。原産はインドなど東南アジアと言われており、日本には数百年前に、中国から伝来したのだそうです。国内では東北~九州まで、本州内でハトムギの栽培が盛んとなっています。

ハトムギは同じイネ科の「ジュズダマ」という植物によく似ています。ジュズダマは、お手玉の中に入っている穀物で、日本人とは馴染み深いもの。専門家でもハトムギとの区別が難しいほどの類似性があるそうです。

野草名 ハトムギ
学術名 Coix lacryma-jobi var. frumentacea
生育地 東アジア、東南アジア
形態 一年草
その他の特徴 製品化にあたっての利用法で最もポピュラーなのは「ハトムギ茶」。またアジアでは、米など主食の代用食として扱われてきた歴史も。

その効能・効果

ハトムギには多くの効果効能があると言われています。

まずそのデトックス効果は、便秘やむくみの解消に役立つと考えられています。代謝を高める効果もあり、肌荒れやニキビ予防、イボの予防改善、そして美白などにも貢献してくれます。基礎化粧品の中に、ハトムギを配合する商品が多いのも頷けますね。

また米に比べ、たんぱく質を多く含むという特徴があるため、疲労回復や滋養強壮を助けてくれるでしょう。

さらに「ハトムギは脂肪代謝を促進し、生活習慣病を予防する」という意見もあるようです。

出典元 Slow Beauty  https://www.slow-beauty.net/post-509/

ハトムギに含まれる主な成分

ハトムギには、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

ロイシン

必須アミノ酸のひとつで、筋肉の健康や成長に貢献する成分。疲労回復にも役立つほか、毛髪の健やかな成長や、育毛促進にも役立つといわれます。

9-ヒドロキシ-オクタデカン酸

脂肪の代謝を促進する成分。ダイエットのサポートに役立つほか、糖尿病予防に役立つ効果があることもわかっています。

ビタミン

ハトムギはビタミンB1B2の含有量が高いことで知られます。特にビタミンB2はターンオーバーを促進するため、肌の美しさに密接に関わっている成分と言えます。