アマドコロ

このページでは、アマドコロの効能について調べています。

アマドコロの特徴や効能を調査!

アマドコロはユリ科の植物で、5月ごろにすずらんのような釣り鐘状の白い花を咲かせます。日本など東アジアの山野だけでなく、ヨーロッパにも自生しており、冬になると葉が落ちますが、土の中には太い根茎が息づいています。

アマドコロの中には、葉に白い縁取りや筋の入る種類があり、その美しさからガーデニング種としての人気が高くなっています。また、葉には甘味があるため、日本ではお浸しや天ぷらとして食用されてきた歴史もあるようです。

野草名 アマドコロ
学術名 Polygonatum odoratum Druce
生育地 ヨーロッパ、東アジア
形態 多年草
その他の特徴 アマドコロには、さくらんぼのように可憐で黒い実がなります。思わず食べてしまいたくなりますが、内部には毒が含まれます。

その効能・効果

アマドコロには滋養強壮や、血行を促進する強心効果があると言われます。また炎症や咳を鎮める、沈静効果があるとも考えられています。

しかし、何と言っても美容効果の高さに注目したいところ。整腸作用で腸内環境を整えるほか、シミやそばかすの予防改善、肌のターンオーバー促進、そして老化防止に役立つなど、うれしい効能がいっぱいです。

なおアマドコロは漢方の世界で「玉竹」と名付けられ、生薬として用いられているほか、ハーブティーの原料として愛飲されています。いずれも根茎をすり下ろしたものが用いられます。

出典元 ハーブ1 https://herb1.info/solomons-seal/

アマドコロに含まれる主な成分

アマドコロには、以下のような成分が含まれています。それぞれの働きについて紹介していきましょう。

フルクタン

整腸効果の高い成分で、便秘や下痢などの不調を改善します。また糖分の吸収を抑える働きがあるため、ダイエットに役立ちます。

コリバラマリン

代謝を促進する作用を持つ成分なので、老化防止に役立ちます。

チロシナーゼ

美白成分として、美容業界から熱い注目を集めています。シミ・そばかすの発生を抑制するほか、紫外線やストレスの悪影響から、肌を保護する成分です。

ニコチン酸

皮膚や粘膜の健康に役立つ成分。また血流改善作用が高いほか、アルコールを分解する成分なので、二日酔いの改善にも貢献します。