野草が含んでいるテルぺノイド

このページでは、よもぎなどの生薬に含まれるテルペノイドについて紹介しています。

テルペノイドとは

テルペノイド(別名:テルペン)は、一部の植物や、植物の精油に含まれている成分です。テルペノイドの中には特有の芳香を持つものがあり、香水やアロマテラピー用の精油などに活用されています。

代表的なテルペノイド

モノテルペン、セスキテルペン、ジテルペン、セステルテルペン、トリテルペン、テトラテルペン

テルペノイドは、フィトケミカル(ファイトケミカル)の一種でもあります。

フィトケミカルは紫外線など、外部の悪影響から植物を守る役割を果たします。テルペノイドの場合は、香りや苦味などを植物に付加し、害虫への防御効果に役立てられるようです。

人間はフィトケミカルを身体内で生成することができませんから、テルペノイドを含むフィトケミカルを、積極的に摂取する必要があるのです。

テルペノイドを豊富に含むとされる野草(生薬)や野菜/果物

よもぎ、銀杏、生姜、ほうれん草、トマト、柑橘類、すいか、植物油など

テルペノイドの摂取に適した方法

テルペノイドは人間の体内で生成できませんので、外部から摂取する必要があります。しかし上記のように、テルペノイドを含んでいる生薬や食品の数はそう多くありませんから、毎日体に取り入れるのは難しく感じられます。

効率良い摂取のためには、サプリメントなどの栄養補助食品や、そのままでは食しにくい野草のテルペノイドを凝縮した野草酵素ドリンクがおすすめと言えるでしょう。

テルペノイドに期待できる効果

テルペノイドには、人体に有用な効果効能があるのでしょうか?以下に、その代表例を見ていきましょう。

  • リラックス効果…テルペノイドの一種である「モノテルペン」は、芳香があることで知られます。レモンやオレンジなど柑橘系や、よもぎなどの芳香は、皆テルペノイドの働きにより生み出されています。この芳香には高いリラックス効果があります。
    心身のリラックスは万病の源であるストレスの緩和に役立つほか、高血圧やガンの発生を抑制するパワーもありますので、軽視はできません。
  • 血液サラサラ効果…銀杏に含まれるテルペノイドの一種「ギンコライド」には、血小板凝集や血栓を抑制する、血液サラサラ効果があることがわかっています。また抗酸化作用が高く、炎症やアレルギー抑制も期待できるのだとか。すごい成分ですね。

嬉しい効果が期待できるテルペノイド。ぜひフィトケミカルの一種でもあるテルペノイドを積極的に摂取し、ヘルシーライフへ役立てていきましょう。

クリップ
人生道草ぼくはものぐさ

テルぺノイドと野草

テルぺノイドというのは、少し耳馴染みがない方も多いのではないでしょうか。

野草でテルぺノイドを含んでいるものも、そこまで多くはないのですが、よもぎや銀杏といった酵素ドリンクにも含まれている生薬(野草)たちは、人間が生成できないテルぺノイドを持っています。

他の成分などと異なるのは、テルぺノイドは香りによるものが大きいのです。よもぎの香りに癒される方も多いことでしょう。その癒しこそがテルぺノイドの持つ力だというのだから、野草は目には見えない力をたくさん持っていることがわかります。