野草が含んでいるポリフェノール

このページでは、ポリフェノールの詳細や摂取法について紹介しています。

ポリフェノールとは

ポリフェノールは、植物が光合成の過程で生成する糖分の一部が変化した成分の総称です。ほとんどの植物が、光合成の過程で何らかのポリフェノールを生成しており、その種類は4,000以上にも及ぶと考えられています。

代表的なポリフェノール

カテキン、アントシアニン、クルクミン、ショウガオール、ルチン、ピクノジェノール、カカオポリフェノール、タンニン、大豆イソフラボン

ポリフェノールは、フィトケミカル(ファイトケミカル)の一種でもあります。

フィトケミカルは紫外線の悪影響から植物を守る役割を果たしているため、高い抗酸化力を有します。人間はフィトケミカルを身体内で生成することができませんから、ポリフェノールを含むフィトケミカルを、積極的に摂取する必要があるのです。

ポリフェノールを豊富に含むとされる野草一覧

よもぎ、どくだみ、甘草、フキノトウ、弟切草、オオバコ、アマチャヅル、スイカズラ、カキドウシ、カツラケツメイ、アケビ、アカメシガワ、ウコン、フキノトウ、カモミール、ごぼう、ツユクサ、クコなど

ポリフェノールの摂取に適した方法

ポリフェノールは人間の体内で生成できませんので、植物から摂取する必要があります。ポリフェノールを多く含む野菜や果物にはブルーベリー、柑橘類、生姜、玉ねぎ、そして豆類などが挙げられます。

また緑茶や紅茶、ワイン、そしてコーヒーなどの飲み物にも、ポリフェノールは多く含まれています。さらに玄米やそばといった植物由来の食品にも、ポリフェノールが含まれています。

ただしポリフェノールの数は多く、上記の植物や食品は、含有量や種類に偏りがあります。効率よく摂取するためには、サプリメントなどの栄養補助食品や、そのままでは食しにくい野草のポリフェノールを凝縮した野草酵素ドリンクがおすすめと言えるでしょう。

ポリフェノールに期待できる効果

以下に、代表的なポリフェノールの効果効能を紹介しましょう。

  • カテキン…抗酸化作用(老化防止、生活習慣病予防)
  • アントシアニン…眼精疲労回復、白内障/緑内障予防
  • クルクミン…抗酸化作用、免疫力向上、抗炎症作用、神経保護作用
  • ショウガオール…血流改善、血管の健康維持、免疫力向上、脂肪燃焼、ガン予防
  • ルチン…血流改善
  • タンニン…整腸作用、抗酸化作用
  • 大豆イソフラボン…更年期障害改善、美肌効果

ポリフェノールには実にたくさんの効果があることがわかります。ぜひフィトケミカルの一種・ポリフェノールを積極的に摂取し、ヘルシーライフへ役立てていきましょう。

クリップ
人生道草ぼくはものぐさ

ポリフェノールと野草

野草には様々な成分が含まれていますが、フィトケミカルという自然の力のうち、代表的なポリフェノールは特にたくさんの野草から摂取することができるんです。

道に生えているオオバコにもポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用で老化を食い止めることができるだなんて、見た目によらないものです。

タンニンもそうですが、基本的には、野草の持つ整腸作用や血流改善効果は素晴らしく、大病を患った時に補助として野草由来の生薬を摂取する方法も最近ではよく見られるようになりました。 野草が人を健康にする共存関係をこれからも続けていくために、自然は守っていきたいものです。